So-net無料ブログ作成

タイの陶磁器の話 [各同好会からのお知らせ]

陶芸クラブの佐藤さんが、タイに行った折に、タイの焼き物を買ってきてくださいました。

私が、お願いしたものとは、違ったものでしたが、逆に、私も知らなかったものや、私が、日本で買った宋胡録(すんころく)の発掘物等を買ってきていただきました。

下の合子(ごうす)は、安土桃山~江戸初期のもので、当時は、貿易の盛んな頃で、同様のものが日本へも入っていて、伝世しているものがたくさんありますが、スワンカローク焼というものです。

CIMG2928.JPG

鉄絵といって、ベンガラという鉄粉で模様を描くと、このように、茶色の絵柄になります。

その後、コバルトを使って、青色の絵柄が多くなってきますが、まだ、コバルトが入ってくる前のものです。

ともさんの焼き物・骨董紀行ースワンカローク焼の合子」に詳しく解説してありますので、ご参照ください。

こちらは、同じ江戸初期の中国、景徳鎮で作られたと思われる青花扇形皿です。青花(せいか)は、日本では、染付と呼ばれていて、有田焼や、砥部焼で多く見られるものです。

こちらも、佐藤さんに買ってきていただいたのですが、バンコク郊外の露店のおばちゃんから買ったそうですが、雑多なガラクタの中から、良いものを見つけてくれたものだと感心しています。(笑)

CIMG2931.JPG

詳細は、「ともさんの焼き物・骨董紀行ー景徳鎮?青花扇形皿」をご参照ください。

こちらは、現代のものですが、ベンジャロン焼の小物入れも、買ってきていただきましたので、ご紹介しておきます。(「ともさんの焼き物・骨董紀行ーベンジャロン焼の小物入れ」参照)

CIMG2924.JPG

こういった焼き物がタイにはあるということですが、上記で紹介していないタイの焼き物についても、「タイの陶磁器の話」にまとめています。紀元前2500年前のものからの話がしてありますので、ご参照ください。

焼き物って、本~~~当にいいですね!(笑)

ブルネイ陶芸クラブ 友重
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

米田后甫


突然のコメント失礼します。

私、テレビ東京「世界ナゼそこに日本人」
担当しております、米田と申します。

当番組はちょっとしたきっかけで日本を離れ
海外で生活をしている方を密着しドキュメンタリー
とし放送する番組です。

突然で大変恐縮ですがブルネイに移住している
日本人をご紹介していただけないかと思い
コメントいたしました。

お忙しい中大変申し訳ありませんが
何卒よろしくお願いいたします。

株式会社テレビ東京
米田后甫(yoneda minami)
minami8er@yahoo.co.jo

by 米田后甫 (2013-10-18 19:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。